{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

ハン・ガン『引き出しに夕方をしまっておいた』(斎藤真理子訳、きむ ふな訳、クオン、2022年)

¥2,420 税込

送料についてはこちら

【仕様】 2022年6月30日刊行|四六変型判|仮フランス装|192頁 【内容】 ハン・ガン初の詩集(2013年原書刊行)に収められた60篇の詩を、著者の小説を手掛けてきた翻訳家きむ ふなと斎藤真理子の共訳によりクオンの詩集シリーズ「セレクション韓・詩」第一弾として刊行。 巻末に収録した翻訳家対談では、韓国における詩の受容や詩人としてのハン・ガンなど、広く深みのある話が繰り広げられており読者を韓国の詩の世界へ誘う格好のガイドとなっている。 著者による朗読音声もYouTubeで公開中。 https://www.youtube.com/watch?v=iChkV6jEu7M ハン・ガンの小説は美しく、同時に力がある。 繊細さだけではなく強さがある。 その元にあるものがこの詩にあらわれている。 ――斎藤真理子 ハン・ガンにとって詩は 内密な自分自身の声に正直なもの。 詩を書くことで、心身のバランスや 問いを直視し続ける力を回復していく。 ――きむ ふな 【目次】 一部 明け方に聞いた歌 二部 解剖劇場 三部 夜の葉 四部 鏡のむこうの冬 五部 真っ暗なともしびの家 対談 回復の過程に導く詩の言葉──訳者あとがきにかえて