{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

宮脇慎太郎写真集『UWAKAI』(サウダージ・ブックス、2022年)

¥4,180 税込

送料についてはこちら

A4判変形 上製 112ページ 本体3800円+税 初版発行日 2022年4月30日 2015年の春から2021年の夏までの約6年間、四国の南西部を断続的に旅した。そこは透明度の高い宇和海に面し、リアス式海岸が続く美しき最果ての地。 海に山々が突き出す平地の少ない地形に人々は石を積み上げ、集落や段々畑を作ってきた。どんな場所であってもここで生きていく——時を経ても崩れない石垣は、そんな意志を無言で体現しているように思えた。 宇和海で出会う人々はすべてをおおらかに受け入れ、たくましく生きる者が多かった。…日本では少子高齢化の加速によって、将来消滅する自治体も少なくないと言われている。しかしそれでもこの地でこの海で、人は生き続けると信じたい。 ——宮脇慎太郎 本書より 四国・宇和海に面するリアス式海岸の風景と、ローカルに生きる人びとの姿。「辺境」と呼ぶにふさわしい土地に漂う、圧倒的にリアルなものでありながら、ことばで表現するのが難しい「精神性」を、「光」を捉えたい——。 瀬戸内国際芸術祭公式カメラマンである写真家・宮脇慎太郎が、愛媛・佐多岬から高知・沖の島まで宇和海海域をめぐる6年間の旅を記録した作品集。地域の伝統行事や「鹿踊り」など祭りの写真を含む93点のカラー作品、書き下ろしのエッセイ「うらかたの光」を収録。 購入者特典のリーフレットには、サウダージ・ブックス編集人アサノタカオのエッセイ「蔵書返却の旅——塔和子さんのこと」を掲載しています。 目次 序 UWAKAI うらかたの光へ 宮脇慎太郎 写真作品リスト ​ ​【推薦のことば】 森のエウリディケがワタツミの神と出逢うところ 世の果ての小さな入り江に船が入ってゆく リアスの襞がほんの一瞬ゆれて静まる 時は永遠をいたましく刻むように流れた けれど新しい人よ 嘆いてはいけない 光の下 きみが歩を進めるたび  その湿った音が過去と未来のすべてを連れてくる けっしてかわらないものがあるという希望 媼の皺深い掌には不ぞろいの真珠 幼子の瞳には薄緑色のアコウの実 ——今福龍太(人類学者・批評家)「UWAKAIの光に寄せて」 ​ ​