コイズミアヤ『1994−2014の仕事』(2015年)
604ae3cc6728be78d00ce254

コイズミアヤ『1994−2014の仕事』(2015年)

¥1,000 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

著者・発行:コイズミアヤ A5判 14ページ 税込1,000円 これまでの展示に寄せた当時の自身による全テキストと、詩人・北爪満喜の寄稿文を収載 〈コイズミアヤ公式サイトより〉  主に箱の作品を制作してきました。人やこの世界の成り立ちについての興味から、内側に向かって知ろうとすることが箱のかたちを用いた作品につながっていました。制作を続ける中で、箱(≒世界)の内と外、開くことと閉じることの関係は入れ替わり変容をはじめます。見えている世界の別の側面や別の生成の可能性について、制作を通じて取り組んでいます。不自由とも思える物体に無粋なまでにかたちを落とし込んでいくと、重さや手触り、その素材や大きさ(相対的でない、絶対的な大きさ)を持つが故に、未知の景色への手がかりが現れてきます。近年は同じテーマから、本や紐についての彫刻作品も制作しています。